六国建設は、持続可能な未来と健康な生活を守るために、建設にたずさわる立場からアスベスト除去のために最もふさわしい方法をご提案いたします。

アスベスト

アスベストは、1980年(昭和55年)まで耐熱性、耐磨耗性、耐腐食性などに優れるため、建材を中心に幅広く使用されてきました。
アスベストが肺の中に入ると、肺がん、悪性中皮種(悪性の腫瘍)などの病気を引き起こす可能性がある為、現在全ての使用が禁止されています。
近年、建て替えに伴う建物解体時のアスベスト飛散を防止する目的で、大気汚染防止法が改正されました。
建物解体時には大気汚染防止法に基づく届出、飛散防止処置が義務付けられています